So-net無料ブログ作成

1クリックで救われる「ツイッター」がある 2016/07/30 [ツイッターから]


nice!(0)  トラックバック(0) 

1クリックで救われる「ツイッター」がある 2016/07/14 [ツイッターから]


nice!(0)  トラックバック(0) 

クロムクロ [アニメのこころ]

■ クロムクロ


2016年の春アニメ
時間は有限だし好みもあるので、もちろん全てのアニメを見ることはできない。

それでも、以下のあたりは気に入ってみていた。
カバネリとか、ばくおんとか、はいふり、ふらいんぐうぃっち。

自分でも驚いたのは「ネトゲの嫁」を楽しみにしていたこと。「ぼくは友達がすくない」に並ぶ、日常系の最たる作品なのだが、小さな「あるある」が心を刺激しまくった。

雰囲気だけで肩透かしに終わった「ジョーカーゲーム」。
どう見たら良いのか最後までわからなかった「まよいが」。
そして、問題を撒き散らして派手に散った「くまみこ」(みてないが)。

問題作も多かったが、収穫も多かったのではないだろうか。


そんな中、継続中なのが「くろむくろ」


WIKIより

2016年。日本の富山県には国連主導の「黒部研究所」が置かれ、過去に発掘された「アーティファクト」と呼ばれる遺物の研究や、人型兵器の「ジオフレーム」の実験が行われていた。ある夏の日、研究所所長の娘である白羽由希奈は、母が忘れた携帯端末を届けようと友人の荻布美夏と二人で研究所を訪れる。だが、突然現れた謎の飛行物体が富山周辺へと落下。落下地点から多数のロボットが出現し、研究所を襲撃する。守備隊が相手を迎撃する中、由希奈が触れたアーティファクトの一つから正体不明の男が飛び出し、彼女を「姫」と呼んで敵に立ち向かうのだった。

・・・以上



この作品のおすすめポイントは2点。

1 ヒロイン「白羽 由希奈」がかわいい。

ロボットヒーローモノなのに、これほどロースキルなキャラが操るってあり?

運動はダメ、頭もイマイチ。子供のころのトラウマで性格も弱い。

主人公「青馬 剣之介 時貞」の言う「姫」に似ているという一点のみで、ヒロインになってしまったという完全に巻き込まれ型のかわいそうなJK.

この子がとにかく、かわいいのだ。無条件降伏。
ここ数年のキャラの中では、「だんまち」の「ヘスティア」に匹敵すると思っているのは自分だけだろうか。

この子が、最新話になってようやく動き出す。といっても、夏の合宿に強制参加させられて、主人公を意識しだすという程度なのだが。


2 富山!!

この作品は富山県を舞台としている。黒部ダムやら立山連峰、新湊大橋など富山県内の観光名所や富山県庁、富山市役所、富山空港、北日本新聞社本社ビルなどの建築物ががんがん登場してくる。

建物を意識させるために遠距離の構図が多く、これが見ごたえがあるのだ。

圧巻だったのは、新湊大橋。広い河川敷を敵ロボットが進撃していく姿は、「橋を壊されたら明日、出勤できねぇ」と現地の人に汗を流させたに違いない(予想)。

それほど風景に臨場感があり、アニメとはいえ妙にリアルなのだ。



「姫」に似た新しい敵が現れ、ストーリーは波乱含み。今後の展開は読めない。
しかし、設定が安定しているせいか、全体にまったりした気分で毎回楽しめている。


タグ:クロムクロ
nice!(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:キャラクター

甲鉄城のカバネリ [アニメのこころ]

■ 甲鉄城のカバネリ


WIKI より

 噛んだ人間をウイルス感染させ同族に変える怪物・カバネに覆い尽くされた世界。極東の島国・日ノ本では、駅と呼ばれる砦を駿城という装甲蒸気機関車で往来するというカバネから隔離された堅牢なインフラを整備することで生活が保たれていた。

 製鉄及び蒸気機関生産の行われる顕金駅では、かつてカバネによって妹を殺された少年・生駒が、独自の対カバネ武器・ツラヌキ筒やカバネウイルスの脳への侵食を止める器具など、カバネに対抗すべく独自に研究を行っていた。ある日、不思議な少女・無名を乗せた駿城の一つ・甲鉄城が、将軍家のある幕府最大の要害・金剛郭に向かう途中立ち寄ってくる。同日、カバネに乗っ取られた別の駿城が突入し、顕金駅は放棄されることとなる。そんな中、生駒はカバネに対抗するも噛まれ、自作の器具を用いてウイルス侵食を止めるも、体はカバネながらも理性と人格を保った存在「カバネリ」と化する。

ーー 以上


ゾンビ物に、戦国時代をかけあわせ、ナゼか「城」と呼ばれる蒸気機関車で、人間の街を移動している世界だ。
戦闘の派手さと残虐さはほかに類を見ない。

当たり前だが、人々は神経質なくらい「かばね」を恐れる。そりゃ、かまれれば、善良な人間があっちゅーまにゾンビかし、次の瞬間には無差別に襲って増えていくわけだ。怖がらないほうがどうかしている。

でまぁ。

ゾンビ一歩手前・・・どころか、身体は強靭なカバネ・心は人間という、スーパーゾンビになった「生駒くん」が、人間に恐れられながらも、仲間を助けていくという人間味ストーリーになると思いそうだが、そんな簡単な話しにはならない。

もうひとり「無名」というヒロインカバネリが登場する。無名は、生駒に戦闘を教え込み自らも圧倒的な強さでカバネを倒していくが彼女の生い立ちと、カバネリになった理由などが徐々に明らかになっていく。

彼女をカバネリにした人間は、強力なカバネ討伐隊を組織していたりするのだが、実は彼はこの世界の転覆を狙っていたりする。


中途半端にネタばれしてしまった。


この作品の魅力は、人間が持っている、生々しい生への執着にあると思う。「悪は可能性から排除」という某赤犬ではないが、ちょっとでもカバネになる危険があれば容赦なく銃を向けてくる。人間社会から見放されれば、カバネに喰われてしまうしかない。とにかく、逃げ場のない閉ざされた世界感が、見るものの呼吸を苦しくさせる。


nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:キャラクター

1クリックで救われる「ツイッター」がある 2016/07/08 [ツイッターから]


nice!(0)  トラックバック(0) 

1クリックで救われる「ツイッター」がある 2016/07/07 [ツイッターから]


nice!(0)  トラックバック(0) 

用務員さんは勇者じゃありませんので [小説家になろう!]

■ 用務員さんは勇者じゃありませんので


作者による作品概要

部分的学園異世界召喚ですが、主役は用務員さんです。
魔法学園のとある天才少女に、偶然、数十名の生徒・教師ごと召喚されてしまいます。
その際、得られる力をとある生徒にぶんどられてしまった一般人の用務員さん(三年契約延長なし。三流私大卒業後就職を失敗し、契約社員でなんとかかんとかしている25歳、用務員二年目、手取り月給12万弱)。



異世界物にアリガチな、「オレTUEEE」物と入れ替わりに出てきたのが、苦悩する主人公。
「用務員さん」の蔵人は、召還勇者に与えられたはずの力を持ってない。通常あるはずの異世界に通じる絶対的アドバンテージを失った状態から、物語は始まる。

勇者と呼ばれる、他の召還者に関わることを避ける生き方を選ぶことストーリーになる。

勇者達は、自分の力をおふるって世界のごたごたを鎮圧、現代チートにより文明を広げたりしているが、強くない主人公は、常に外にいる。勇者側の都合で関わることもあるが、高校生ゆえの若い力の押し付けを嫌って、むしろ敵対関係になっている。


この作品の肝は、世界蔓延するワガママな組織の押し付けにある。

勇者を召還した国は、生徒勇者たちを取り込むべき手をつくすが、一緒に召還された教師勇者の老練さのおかげで、ギリギリの自分達の自由を保っている。他国や、女性を護るための組織など、それぞれの理由から、弱者には辛らつだ。力を持つ物が、政治や腕力で、弱者を傲慢に潰す異世界なのだ。

日本でも異世界でも負け組みの用務員が、自分の矜持と小さな力を駆使して、強者と渡り合っていく。
絶対に勝てないはずの相手を、知恵で逆転するさまは、胸のすく思いだ。


弱い主人公にも強みはある。あまり強くはないた複数の器用な魔法を使い分けることと、強大な魔獣に養われている(養ってはいない)ことだ。

オレTUEEEに飽きた大人のための1作。



用務員さんは勇者じゃありませんので 1 (MFブックス)


小説家になろう版
用務員さんは勇者じゃありませんので

nice!(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:キャラクター
ラブライブ! 艦これ 衣装 仮面ライダー ワンピース ワールドコレクタブル エース コードギアス ガンダム dxドラえもん ナルト 銀魂 モンハン トリコ ゾロ スカイハイ マイグランプリシリーズ そに子 ゴジラ スターウォーズ キャストオフ 日常 フィギュアショップ ハイスペックカラーリング インフィニットストラトス ドラクエ 青の祓魔師 フィギュアの館 北斗の拳 is キン肉マン 岡山モンスターハンター ブログ フィギュアスケートメモ ブログランキング クイーンズブレイド sq一騎当千 エヴァ ワンピース  ボアハンコック 動画 等身大フィギュア大百科
FX Online Japan評判